自殺
1 / 90page
毎日平均で三人は救急救命室で死んでいく
俺はほんの僅かだが霊感とかいうものがあるらしい 遠くに住んでいた爺さんが死んだ時に夢枕に立って、起きた数分後に爺さんが死んだと電話で連絡があったり かわいがって
売れ残り物件
自覚している限り、霊能力はゼロに等しいと思っている私が先日体験した話です。 少し状況を整理したいので前置きが長くなってしまいますがお許しください。 私は埼玉県の
米里の家
札幌で有名だった心霊スポット『米里の家』って知ってる人いる? 火事で焼けたんだけど詳しい話知ってるんだけどもし興味ある人がいたら書く 309 本当にあった怖い名
焦げ臭い匂い
先月のことになるが、子供と図書館へ行き、暗くなった帰りしな 来た道をもどりながら、夕飯の買い物を終え、反対側のコインパーキングに 中継車がアンテナを長くして駐車
自殺した父親の葬儀の後、不思議な事がたて続けに起こった 見ず知らずの女性が尋ねて来て「あなたの死ぬ時を知っている」と言う またある日、通りすがりの子供に「お前の
幽霊フルボッコ
とある板でMGC製M93Rの話題がでてきて思い出したのでカキコ とは言っても知らない人もいる思うから最初に説明しておくけどMGC って言うのはかつて存在したトイ
視える物
俺たまに変なものが視えることがある 黒い霧が数個立っていたり、人の周りをにじむような闇が覆ってたり そしてこれはかれこれ20年以上前の高校の時の話 この時ほどは
鬼伝説の山
俺が中学生のときだった。 いじめられっこだった俺は、夏休みになると祖母の住む田舎に帰省していた。 山に囲まれたA野という地区で、もともと俺の家族も暮らしていた。
ママ友
むしろ実話でないと信じたい。 妊娠した妻が定期健診のため、とある産婦人科に通って数ヶ月のことだった。 ホスピタリティを重視してのことか、 マタニティ専用の部屋と
寂れた神社
嫌な話で申し訳ない 二十年ほど前、当時俺は大学生で、夏休みに車で田舎の実家に帰省していたときだった。 その時はいつも帰省時に通ってる道とは別の道を通っていった。